TOP > 弁護士に債務整理の依頼をする前に知っておくべきこと

弁護士に債務整理の依頼をする前に知っておくべきこと

借金問題を解決できる方法として、債務整理のことを聞いたことがある人もいるでしょう。

債務整理は一般的に弁護士に依頼をして手続きを進めるものですが、成立を目指すのであれば十分な知識を得ておくことが大切です。

自分に合った法律の相談情報サイトの利用価値をご存知ですか。

債務整理を行うことで、借金問題のことが勤めている会社に知られてしまうことを心配している人もいると思いますが、債務整理の一種である自己破産を行ったとしても情報が掲載されるのは官報と本籍地の破産者リストのみとなります。
官報を毎日のように確認している人はいないと言えませんので、債務整理をしたとしても会社に知られる心配はありません。

また、債務整理を弁護士に依頼することで、一生涯にわたってクレジットカードを使えないとか、ローンを組めないと誤解している人もいるかもしれませんが、そのような事実はありません。

債務整理をすることで、金融業者の情報登録期間にブラックリストとして名前が登録されますが、一生掲載されているわけではなく、債務整理の手続きの種類によって掲載期間が異なります。


自己破産をしたときには10年ほど、任意整理であれば5~7年間ほど掲載されると言われており、その期間が過ぎた後であればクレジットカードの作成や、ローンを組むことが可能となります。



戸籍や住民票に債務整理のことが掲載されることはありませんし、子どもの就職にも影響を与えることはありません。



弁護士に債務整理の相談をする前に、手続きの特徴や正確な情報を得ておくことがおすすめです。